« 土佐人の物語40(或いは宗教論) | トップページ | 土佐人の物語41(戦後篇) »

2009年8月31日 (月)

革命に土人党

総選挙は、民主党の大勝利でした。

自民・公明は、代表や大物議員が落選しました。

小選挙区で落ち、かろうじて比例で復活当選した者も多いです。

これは、革命と名づけるにふさわしいように思います。

民主党の政策については、財源以外にも様々な攻撃がなされました。

「子供手当て」は子供の為にならず、親の飲み代に消えてしまうというものもありました。

基本的に国民を信用していないのではないでしょうか。

「子供手当て」は普通子供の為に使おうとするでしょう。

また少々親の楽しみに使わせてもらっても目くじらを立てるほどのことはありません。

大事なことは、所得の再分配がなされることです。

できるだけ貧富の差をならすことなのです。

成長戦略がないということもよく言われました。

根本的に考えると、何を成長とするのでしょうか。

経済成長は何を基準に測るのでしょうか。

株価、輸出額、GDPの数値の増大によって我々は幸せになったでしょうか。

もういい加減に意味のない数値にこだわるのは止めなくてはなりません。

学力テストの順位もそうです。

小学5年と中学3年のそれも数学(算数)と国語しかやっていないのですから。

テストで学力を正確に測れるのでしょうか。

測れたとしてもその学力が人間としての価値を決めることになるのでしょうか。

大阪府の橋下知事もずいぶん怒っていましたが、もう少し冷静に対応したらよいでしょう。

民主党政権になり、学力テストが抽出型になることを望んでいます。

大事なのは、測定・調査に力を入れることではなく、人づくりに力を入れることです。

民主党は地域主権を提唱しましたから、いよいよ地域政党の出番です。

高知では、民主党の風が吹かず、3つの選挙区とも自民党前職が取りました。

土佐人は、自民党の政治に満足しているのでしょうか。

どうもそうとは思えないのですが。

判官びいきの気性が今回は自民党に味方させたのでしょうか。

要因は、色々分析してみなくてはならないでしょう。

それはそれとして、土佐人が政治論議を戦わせ、意識を深め、つながり、現実の政治に働きかけていける場が必要です。

我々にとって何が課題で、何をしていかなくてはならないのかを十分に考えられる場です。

そこでは、政治抗争に終始するのではなく、共に生きていける道を見つけていくのです。

食料・エネルギーをどうするのか、どういう経済体制を志向するのか、具体的に論議していきたいものです。

そこで土佐人民党=土人党です。

意志ある者が協力してネット上に立ち上げたいと思います。

集会は、毎週金曜日にはりまや橋商店街で開くとよいでしょう。(今もやっているようなものです)

土佐の革命には土人党が必要です。

人が生きやすい社会にしていかなくてはなりません。

貧富の差はやはり抑制していかなくてはならないでしょう。

土佐から新しい風を起こしていきたいものです。

|

« 土佐人の物語40(或いは宗教論) | トップページ | 土佐人の物語41(戦後篇) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

橋本大二郎さんの敗因は「国政の立ち居地がわからない。なにをしたいのかがわからない・」「知事選挙と国政選挙の違い」が最後までわからなかったことでしょう。

 民主党3人のハチキントリオは最後まで「頼りなく」「か細く」不安がありました。自民党への不満よりも、民主党の不安がまさりました。

 候補者選定のミスですね。それだけです。

投稿: けんちゃん | 2009年9月 1日 (火) 18時14分

民主党県連は大いに反省すべきですね。1区と3区は可能性はかなりあったのですから。

投稿: 馬楽 | 2009年9月 3日 (木) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79307/31177299

この記事へのトラックバック一覧です: 革命に土人党:

» 胡蝶蘭 [日本のまつりごと]
いよいよ現実のものとなった政権交代。政治が変わることで我々の生活はどう変わるのか。身近な視点で日本の政治を見つめてみました。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 17時08分

» 吉本隆明語る 思想を生きる [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
(画像は京都精華大学ホームページより)  世間一般は「民主党新政権誕生」の話題で [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 18時07分

« 土佐人の物語40(或いは宗教論) | トップページ | 土佐人の物語41(戦後篇) »