« 長宗我部紀行13 | トップページ | カルク・マルクスルかく語りき  序 »

2011年1月31日 (月)

師走・睦月の日々 今後の予定

去年12月の活動から振り返ります。

12月10日、「長宗我部を語る会」忘年会、「土佐物語」9巻を語りました。

1月14日、、「長宗我部を語る会」、、「土佐物語」10巻前半を語りました。歴民館の猪野副館長やシアターキューブリック(東京)から2名、愛媛のコスプレイヤー、高知新聞の記者・社員が1名ずつの参加もあり、賑やかな会になりました。

17日、午後1時半より、岡豊山「伝家老屋敷跡曲輪」発掘現場見学会に参加しました。

歴民館の宅間館長は、「長宗我部元親が住んだ屋敷に違いない」と断定していました。

29日、こうち男女共同参画センター「ソーレ」の「ソーレまつり」の企画「ジェンダー平等カフェ」の中で、「民権ばあさん楠瀬喜多と女性参政権」という講談を語りました。講談の中で、参加者が発言していくという面白い企画でした。

今後の予定は以下の通りです。

2月11日、「長宗我部を語る会」、「土佐物語」10巻後半を語ります。いつものように「ゆうあい工房」、午後7時からです。

3月5日、いの町の和紙工芸村「くらうど」で、「長宗我部を語る会」が開催されます。そこで、講師を勤め、「いの町と長宗我部」などを語ります。

6日、午後4時半より、種崎海岸防波堤外で、長宗我部家臣慰霊祭が開かれます。

11日、通常の「長宗我部を語る会」、「土佐物語」11巻前半を語ります。

20日、高知市神田、和霊神社の「龍馬脱藩祭」で「龍馬から長宗我部に遡る」を語ります。

4月2・3日、南国市岡豊山さくら祭りで、「ミステリーツアー」などをやります。

5月20-22日、高知市の県立美術館ホールで、シアターキューブリックの高知公演「誰ガタメノ剣」が上演されます。一見の価値の有る演劇です。

21日、歴民館周辺で、第2回長宗我部フェス

22日、若宮八幡宮で、「初陣祭」

結構忙しいのですが、「土佐物語」の現代語訳もしっかり取り組んでいかなくては、なりません。

今年が、さらによい年になることを祈念しています。

|

« 長宗我部紀行13 | トップページ | カルク・マルクスルかく語りき  序 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79307/38680463

この記事へのトラックバック一覧です: 師走・睦月の日々 今後の予定:

« 長宗我部紀行13 | トップページ | カルク・マルクスルかく語りき  序 »