« 安保法案について | トップページ | 失望からできることを »

2015年9月16日 (水)

安保法案正念場

今月はもう3回も更新しました。

安保法案について考える事が多いからです。

15日の中央公聴会でSEALDsの奥田愛基さんが意見を述べました。

立派であったと思います。

これを聞いた参議院議員は少しは心を動かされてほしいものです。

そもそも国会議員の仕事は国民の声を聞き、それを政治に反映させることではないでしょうか。

現在国民の世論は、安保法案反対です。

安倍総理がいくら政治生命をかけると言っても、民意から外れた事をしてはいけません。

前回書きましたが、そもそも違憲でもあるのですから。

この法案を通す事は、立憲主義、国民主権を踏みにじる事でしょう。

公明党は立党の精神に立ち返り、こんな法案には賛成しないでもらいたい。

せめて退席して欲しい。

つてのある公明党議員がいれば、そのことを訴えてください。

政治家として見識をあげる事ができます。

自民党の議員でも村上議員のように退席してくれる議員が増えれば可能性はあります。

自民党などから離れたら大いに応援してあげればいいですから。

今の自民党は自由でも民主的でもありません。

不自由不民主党です。

政権の座にある資格はありません。

野党もあらゆる手段でこの法案を否決に持っていってほしい。

国民の声が届く事を願っています。

|

« 安保法案について | トップページ | 失望からできることを »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79307/61635150

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案正念場:

« 安保法案について | トップページ | 失望からできることを »